こんな雇用不安の時代では

懸賞 2010年 12月 18日 懸賞

こんな雇用不安の時代に住宅を買うのは、途轍もない決断が存在する筈だ。それでも私の近隣で、かつて畑だったところが次々と整地されて、次々と新築の家が建っている。

私が済む所は首都圏とは言え、東京から電車で小一時間の所であるが、景気がいい人はこんな不景気の世にも必ずいるものなのだろう。

とはいえ、農家の豪勢で広い家に比べれば、現在新築されている家々はちっぽけでプレハブ構造の住宅なのかどれも味気ない家ばっかりが次々と建ってゆく。

しかし、それでも家族が不自由なく暮らせれば、何の文句もない筈で、それが現代の幸せの形なのだろう。
[PR]

by photon_torpedo | 2010-12-18 03:30 | 日記

<< タイガーマスク   と~っても簡単に >>